空き巣対策として

広い土地

最近、ホームセンターなどでもよく売られているのを見かけるようになった防犯砂利。防犯砂利を敷いてあるところを歩くと、ジャリジャリと音がするため、音が出ることを嫌う空き巣などには効果的です。さらに敷き詰めることで、見た目もきれいになるので人気があがっています。 それでは、防犯砂利を敷くにはどれくらいの金額がかかるのでしょうか。 まず、防犯砂利のおおよその価格は20リットルで1000円前後のようです。砂利を薄く敷いても意味はなく、少なくとも4センチメートルくらいの高さは必要です。1平方メートルあたり50リットルくらいの量が必要になります。 敷く範囲にもよりますが、30平方メートルで約8万円ほどでできるでしょう。 業者にすべてを依頼する場合は十数万円かかるようです。

防犯砂利のおおよその価格はわかりましたが、防犯砂利の特徴について詳しく見ていきたいと思います。 防犯砂利は砂利と言ってもひとつひとつの粒が大きく、その粒同士がこすれ合うことによりジャリジャリと音がなるようになっています。 防犯砂利を敷くにあたり注意しなければならないことがあります。それは、ただ砂利を敷き詰めるのではなく、事前の準備が必要です。 まずは除草作業です。除草をせずに砂利を敷き詰めると、いずれ砂利の隙間から草が出て音がしなくなり、防犯砂利の効果がまったくなくなってしまいます。 除草作業の後、防草シート敷いてから、砂利を敷きます。 また、砂利の高さも必要です。あまりに薄く敷くと、歩いているうちに、下のシートがむき出しになってしまうからです。 ただ敷き詰めているようにみえますが意外と手間がかかるものなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加